建設業界で有利になる資格|農業の求人に応募して豊かな人生を歩もう!

農業の求人に応募して豊かな人生を歩もう!

建設業界で有利になる資格

作業員

2級で複数の資格を目指す

就職や転職をする時には資格を持っていると有利になります。建築業界で働きたい人は施工管理の資格を取得しておくと求人募集などでも採用されやすくなります。施工管理というのは建築現場で工程や安全性や品質などを管理する仕事です。計画的に建築を完成させるためには非常に重要な役目を担っています。施工管理士には6つの種類があり、それぞれが1級と2級に分かれています。比較的簡単に取得できるのが2級です。これから施工管理士になりたい人はまず2級を目指して、複数の種類を取得するようにします。例えば建設機械施工技士と土木施工管理技士と建築施工管理技士の3つを取得するなどです。2級ではあっても複数の技士の資格を持っていると、多くの求人先から必要な人材として注目されます。

派遣でも高収入が狙える

複数の施工管理士の資格を取得したい場合は、それぞれの実務経験が必要になります。例えば土木工事の実務経験がある人が造園施工管理技士の資格を取りたい時は造園の仕事の実務を経験することになります。電気工事に関する資格なら、電気工事の実務が必要になるのです。このように複数の資格を取得するのは難しいのですが、それを達成すれば色々な実務経験があるということで求人採用の時には非常に有利になるわけです。施工管理技士は正社員の求人数も多いですが派遣の仕事もとてもたくさんあります。特殊な技能を有するため、派遣であっても高い年収を得ることができます。派遣なら仕事の自由度が高くなるので、自営で仕事をしながら兼用するといった働き方も可能です。