農業の求人に応募して豊かな人生を歩もう!

建設業界で有利になる資格

作業員

企業の求人に応募する時は資格を持っていると採用されやすくなります。建設業界では施工管理の資格が重要になります。6種類あって2級と1級に分かれています。比較的簡単に取得できる2級で、複数の施工管理の資格を取得すると有利です。施工管理の資格を持っていれば正社員でも派遣でも高い年収で働くことが可能です。

読んでみよう

輸出入に関する仕事

男性

貿易事務の仕事は、未経験者ではなかなか求人募集が出ていないものです。そこで企業の中の貿易事務所などに就職して、実務経験を積むことが大事となります。その上でキャリアプランに合わせて自分に合う職場を探すとになります。

読んでみよう

ドライバーの賃金は腕次第

タクシー

タクシー運転手は歩合によって収入が決まるので年収はそのドライバーの売り上げ成績次第です。個人タクシーとして活動すれば会社に差し引かれる利益がなくなるので自身に入ってくる利益が大きくなり年収が増えやすいです。個人タクシーとして営業するには10年間無事故無違反という実績が必要です。

読んでみよう

IターンUターンの増加

男の人

コミュニテイーを通じて

日本の中山間地では、高齢化や過疎化に拍車がかかっていて、田んぼや畑はあるのだがその担い手がいないといった地域が増大しています。畑や田んぼを耕す人がいなくなった土地では、耕作放棄地も目立つようになってきました。これらの地域では少しでも、耕作放棄地を多くしないように集落で農業法人を設立して集団的に農業を行っている地域もあります。またその土地でしかできないといった作物を栽培したり、その土地ならではのブランド商品の開発を行っている地域もあります。これらの地域では集落を活性化するために多くの耕作者の求人を行っています。中山間地では昔ながらのコミュニイテーが強く残っていますので、求人に応募するときには、地域の人たちとその土地でいろいろな行事を通じて、コミュニテイーを築く必要が出てきます。

スローライフを楽しむ

都会の地でサラリーマンをしていて、定年を迎えて第二の人生として農業を行う人も急増するようになってきました。各都道府県では、農業を行うためのIターン者やUターン者の求人を行っています。農業を行うための機械を安く譲ったり、その土地に居住するための家を提供したり、農業に慣れていくために充実した教育プログラムを組んだりと、いろいろな工夫を行って、農業をする人の求人を行っています。また都会地のほうに専門家を出向させて積極的に求人活動を行っている自治体もあります。都会地のほうでは定年を迎えた人ばかりではなく、若い人たちも続々とIターンUターンする人が増えています。田舎で生活ができる程度のお金を稼いで、スローライフを楽しもうと考えている人も多くなってきています。